Empower Artists, Entertain The World.

経験豊富で魅力的なメンバーが集結

ライブ配信市場の先駆者として、日本No.1ライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」を運営しています。17LIVEでは、才能を活かしきれていなかった人が個性や魅力を活かして夢を叶えられる世界を創り出すメンバーを募集しています。営業、マーケター、クリエイター等、様々な経験を持つ魅力的なメンバーが集まる楽しい環境でお待ちしています。

  • 17LIVE株式会社 代表取締役/Global CEO, 17LIVE inc. 小野 裕史

  • 小野裕史(おの・ひろふみ) 1974 年生まれ、札幌出身。 東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻修了。 大学院生時代より、個人でモバイルメディアを複数プロデュースする。 2000年より株式会社シーエー・モバイルの第一号社員として創業を率い、2008年専務取締役を退任し独立。同年インフィニティ・ベンチャーズを設立。 日本と中華圏でベンチャー投資を行いながら、自ら起業家としてサンシャイン牧場のRekoo Japan、ジモティー、グルーポン・ジャパン、Farfetch Japanなどの創業を率いた投資家兼シリアルアントレプレナー。 また、国内最大級のベンチャー経営者カンファレンスである「Infinity Ventures Summit」を12年にわたって主催。 2017年、ライブ配信アプリ「17LIVE」を運営するM17グループ(現:17LIVE inc.)の日本法人である株式会社17 Media Japan(現:17LIVE株式会社)を設立、代表取締役を兼務。2020年9月より専任としてM17 Entertainment Limited(現:17LIVE inc.)のグローバルCEOに就任。

17LIVEの行動指針「17 Way」
  • 働く環境

    役職に囚われず、活発に意見を交換するカルチャーが根付いています。CEOも個室ではなく、他の社員と同じ机に座り、気になることがあればすぐに相談をし合えるフラットでオープンな環境。試行錯誤しながら事業を進めていくために欠かせないカルチャーです。

  • 多彩なメンバー

    まだ市場自体が出来上がっていないからこそ、メンバーの出身業界は様々。また、社員の20%程度が海外出身です。多様なバックグラウンドを持つ仲間だからこそ、日々のコミュニケーションを大切に、一丸となって進んでいます。

    メンバーをみる
  • 独自の福利厚生制度

    17が中国語で「Ichi(イーチー)、“一緒”」にを意味していることから、「Ichi」という名前を付けた福利厚生が数多く用意されています。働く環境の整備だけでなく、部署や役職を超えた社員同士の繋がりを強める制度にも力を入れています。

    福利厚生をみる

グローバルなビジネス

現在「17LIVE」は世界9か国(台湾、日本、香港、韓国、ベトナム、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)に展開しています。その中でも日本は重要な市場として注目されており、台湾本社と協力をしながらビジネスを推進しています。